キーワード

刑罰タイプ

 
検 索

外国人漁業の規制に関する法律 V S雇用保険法 第八章 罰則

外国人漁業の規制に関する法律

第六条の二第一項の規定による漁業監督官又は漁業監督吏員の検査を拒み、妨げ、若しくは忌避し、又はその質問に対し答弁をせず、若しくは虚偽の陳述をした者は、六月以下の懲役又は三百万円以下の罰金に処する。

重罪

V S

雇用保険法 第八章 罰則

労働保険事務組合が次の各号のいずれかに該当するときは、その違反行為をした労働保険事務組合の代表者又は代理人、使用人その他の従業者は、六箇月以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。

こんな刑罰比較も見られています